4m×4mの家

安藤忠雄建築研究所
2003年
兵庫県神戸市

明石海峡大橋の直近の砂浜に面する住宅です。写真から見て左がRC造、右が木造です。1辺が4.75mの正方形の平面で最上階が1mほどズレている構成となっています。RC造の住宅は雑誌「ブルータス」の特集によって実現した住宅で、木造の住宅はその1年後に建てられたものです。同じく安藤忠雄設計の兵庫県立美術館の常設展に巨大な4m×4mの家の模型が展示されています。木造の方は取り壊されたため現存していません。

投稿を作成しました 85

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る