青森県立美術館

青木淳建築計画事務所
2006年
青森県青森市

三内丸山遺跡の隣に位置する美術館です。遺跡の発掘現場に白い構造体を被せた構成となっているため巨大な隙間が展示空間となっています。奈良美智の巨大な犬のオブジェが常設展となっておりシンボルでもあります。印象に残っていたサイン等のデザインは菊地敦己さんのようです。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る