船の家

アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室
2012年
新潟県十日町市

越後妻有アートトリエンナーレ2012の展示作品です。JR飯山線越後田沢駅のプラットホームに沿って細長く設計されています。内部には河口龍夫作品の黄色の船の作品である「未来への航海」と、水盤の上に杖が浮かぶ「水から誕生した心の杖」を収蔵されています。内部は間接的に光が差し込み気持ちのいい空間となっています。外壁はガラス等は入っておらず外部へ抜けているので風が入り込みます。距離はありますが「越後松之山 森の学校 キョロロ」も同じ越後妻有アートトリエンナーレの関連施設です。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る