奈良井宿

重要伝統的建造物群保存地区

長野県塩尻市

江戸時代に京都と江戸を結んだ中山道の中央に位置する宿場町が非常に美しい状態で残っています。2階が道路にせり出している建物が多く、庇が特徴的です。桟木が上部についた鎧庇と呼ばれる庇は、泥棒が上に乗ると下に抜けるようにできているそうです。重要伝統的建造物群保存地区に登録されている中では観光客が多い印象を受けました。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る