日本橋の家

安藤忠雄建築研究所
1994年
大阪府大阪市

大阪市の中心街の住宅と店舗が入り混じるエリアに建つ店舗兼住宅です。通常は住宅の見学はなかなかできませんが、生きた建築ミュージアムの一般公開時に見学させていただきました。間口が狭く、奥行きのあるうなぎの寝床のような敷地いっぱいいっぱいに建っています。住吉の長屋のように中庭を介さないと入れない部屋があります。三層吹抜の部屋の三階部分に窓を開けるためのブリッジがありました。動線が長いので体感面積は広く感じました。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る