まつだい雪国農耕文化村センター

MVRDV
2003年
新潟県松代町

「越後妻有アート・トリエンナーレ 2003」の目玉作品で、拠点施設の一つです。また、オランダの建築家グループMVRDVの日本初の作品です。ほくほく線の松代駅を降りてすぐの場所に位置します。周囲は森に囲われ、線路と川の間に建っています。建物は正方形のボリュームに足が生えたような奇妙な造形をしています。屋上に上がると構造が屋根スラブから出ています。ピロティには遊べる作品や、ステージがあり、イベントの開催場所となっているようです。取って付けたような外部階段や、平面構成の大胆さは海外の設計事務所だなと感じました。越後妻有アートトリエンナーレの中では「越後松之山 森の学校 キョロロ」が比較的近くに位置します。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る