Rooftecture AWE

遠藤秀平建築研究所
2000年
兵庫県西宮市

西宮市の大通りに面するオフィスビルです。見に行く前は構造とは切り離して鋼板を外装としていると思っていましたが、ピロティを見ると外装に合わせて曲がった構造材が見えました。屋根、スラブがとても薄く、バラックのような見た目とは裏腹にディテールの詰まりきった建物です。エントランスの信楽焼きのたぬきがスマートな建物とギャップがありました。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る