Rooftecture 西宮

遠藤秀平建築研究所
1998年
兵庫県西宮市

西宮浜の近くの住宅地にある事務所です。波板の屋根がわん曲して壁になるダイナミックな造形となっています。2方向道路に面しており、メインの道路からは黒いボックスの浮遊感があります。もう片方の道路からは壁に立てかけられた資材もあり、バラック感が強い建物に見えます。竣工時の後方は軒が出た屋外空間でしたが、現在は荒く壁で塞がれています。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る