戦没学徒記念 若人の広場

丹下健三+都市・建築設計研究所
1967年
兵庫県南あわじ市

淡路島の南端の瀬戸大橋が見える場所に位置します。太平洋戦争で犠牲になった動員学徒の追悼施設として開業しましたが、経営困難と阪神淡路大震災で廃墟となっていました。2015年に南あわじ市が買い取り公園として再整備するに伴い,耐震補強も含めた改修・一部復元が行われました。展示空間はヴォールト天井に光を入れ込み、内装の石材と合わせて塹壕のような空間となっています。慰霊碑はHPシェルのダイナミックな造形でペン先をイメージして設計されています。約20年間廃墟状態だったため廃墟としてのほうが有名だったかもしれません。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る