館林市市民センター

菊竹清訓建築設計事務所
1963年
群馬県館林市

旧館林市庁舎です。メタボリズムの象徴とも言えるコアが空中でユニットを支えるような造形をしています。ユニットから見える景色は浮遊感のある気持ちのいい空間でした。現在は市民センターとして利用されています。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る