浅茅ヶ原・浮見堂

奈良県奈良市

奈良公園内の南側、鷺池に浮かぶ浮見堂です。周囲には奈良公園内唯一の梅の名所である片岡梅林や円窓亭があります。奈良公園の鷺池周りは浅茅ヶ原と呼ばれています。浅茅ヶ原の地名は奈良時代の万葉歌に「春日野の浅茅が上に思ふどち遊ぶこの日は忘らえめやも」残されています。浮見堂は大正時代に休憩スペースとして建てられたそうです。

投稿を作成しました 85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る